人生に必要なことは何なのか!?

くまおうのはなし(Facebook)

 

今日は、人生に必要なものは

何なのかについて、アンケートの

結果に対する、くまおうの分析を

話していきます。

 

 

スポンサーリンク




 

えっ、人生に必要なものって、

その人々によってさまざまで

そもそもアンケート結果に何の意味

もないのではないのって思った

のではないでしょうか。

 

意外にも、今日は上位3位について

はっきりと明確に違う特徴が出て

いるので、アンケート結果を分析

することに意味があると思います。

 

これでは、どういうアンケートの

データの採取方法かが分からない

ので、先に言っておきます。

 

分かりやすくするために、あえて

少し下品な表現を使わせていただき

ます。

 

それは、金持ち(経済的勝者)と

貧困層(経済的弱者)とを

対象にしたアンケート結果になり

ます。

 

誤解のないように言っておきます。

 

お金がないことが悪いとかダメ

とか、決してそんなことを

言っているわけではないので、

そこはよろしくお願いしますね!

 

ここで、あなたに質問です。

 

仮に、一番人生にとって必要なもの

は何のかと、あなたが問われた

ならば、あなたは、どう答えますか?

 

もしかして、人脈と答えるのが

大多数のように思えます。

 

でも、こうした回答をするのは、

貧困層(経済的弱者)の側の人

だったりするのです。

 

しかも、なんと驚くことに

その側の人の一番多いtop1

の回答だったのです。

 

これに対して、金持ち(経済的勝者)

の側の人のtop1はと言うと、

努力だったのです。

 

これって、一見すると、意外な

ようにも思えますよね。

 

ここで、くまおうが分析してみたの

ですが、ある一つのことに気付きいて

しまいました。

 

それは、こうではないかと。

 

貧困層の言う人脈って、おそらく

あの人の紹介してくれた人の

おかげで、うまく~ができた

みたいな、自分にとって都合の

いい人が、どれだけ、たくさん

いるのか、そんな感じの意味になる

のではないでしょうか。

 

こうしてみると、人脈ってきれいな

言葉を使ってはいるものの、

中身を開けば、馴れ合い、しがらみ、

見返りを求めあう関係、癒着

だったりするのではないでしょうか。

 

これは、他者依存そのものと言えま

すよね。

 

それに対して、努力は、ことさら

ここで言わなくてもいいとは思い

ますが、何かに向けてひたすら

継続して、目的達成のために、

行動をしていくことになります。

 

これは、まさしく自立そのものと

言えますよね。

 

これを簡単な図式にすると、

自立 VS依存

になります。

 

この両者の決定的な違いこそが

金持ちと貧困層を分ける分水嶺に

なります。

 

では、ここでアンケートの大まかな

top3までを提示します。

 

△金持ち

top1:努力

top2:学歴・資格

top3:勇気(マインドセット)

 

▲貧困層

top1:人脈(しがらみ、癒着など)

top2:ずる賢さ(ゲスの勘ぐり)

top3:たね銭(親の金など)

 

表現は下品ではありますが、

わかりやすいように、あえて

そうしたので、そこだけは

理解してください。

 

この違いを聞いて、あなたは

どう思ったでしょうか。

 

top1だけでなく、top3まで

見ても、金持ちと貧困層とでは、

自立と依存とで、きれいに

くっきりと、分かれてしまう関係に

ありますよね。

 

 

えっ、top3から、その先も知りたいよ

って、あなたは、下にリンクを貼って

置くので、よかったら、そちらの方も

確認していただければいいと思います。

 

(リンク先)

人生の成功の秘訣
人生の成功に重要なことは何だと思いますか?下記のものから重要だと思う順にその番号をお並べください。1)人脈2)狡猾さ・ズル3)初期資本の存在4)学歴・資格5)企業家精神・勇気6)努力7)幸運・強運8)能力... - 【※閲覧専用】アンケート | 教えて!goo

 

これで、人生に必要なものは

何なのかについて、アンケートの

結果に対する、くまおうの分析を

分かっていただけたのではない

でしょうか。

 

あなたは、どちらのサイドだったで

しょうか、あるいは、どちらでもない

感じだったでしょうか。

 

くまおうの分析から見えてくる

ものが、あなたの中で、知恵となる

何かのヒントになったのではない

でしょうか。

 

最後まで話を聞いていただいて

ありがとう。

 

では、またね。

 

スポンサーリンク




コメント