日本マクドナルドの会長の辞任について!

くまおうのぶろぐ

 

ついに、日本マクドナルドの

会長が辞任しました。

 

このことは、企業の在り方を

学ぶ上で気づきがあると思うので、

くまおうなりに分析をしていくので

ご覧になって下さい!

 

 

スポンサーリンク




 

結論から言うと、日本の大企業が

抱えているよくある悪い典型例の

ひとつだということになります。

 

大企業は、就職先として一見

安定した企業の様に思えますが、

実はそうではない場合が多い。

 

大企業は組織が大き過ぎて

現在の市場や国民のニーズの

スピードに応えられて

いないのが現状だからなのである。

 

融資先を説得したり、株主から

支持を得るために「慎重」?な

経営をしているつもりなんだろう

けれども、それは本末転倒では

ないでしょうか。

 

その目的を達成するためには、

会社の実績(社会貢献)を

上げていくことしかないから

なのです。

 

あなたが、仮に株主だとしたら、

そう思いませんか。

 

そもそも、その原理は、消費者

である国民の役に立つ質の高い

サービスをどんどん提供していき、

信頼をコツコツと得ていくこと

しか方法がないことになります。

 

その点を踏まえていないと、

大きく足元をすくわれてしまい

かねないのです。

 

今回のマクドナルドの騒動の

発端は、確かに陰謀めいたもの

を感じますが、その発端の時期に

迅速に誠意のある行動をとってさえ

いれば、ここまで問題が大きくは

ならなかったように思えます。

 

まさしく初等教育からの継承された

責任の所在を不明確にする

技術を成人になっても

続けた結果がその原因の一つ

であるように思えてならないのです。

 

ここで、人間を成長させる

最も重要な気づきを得ることが

ない幸せからは程遠く、

どんどん遠ざかってしまう技術

を使い続けていることに対し、

ここで警笛を鳴らしておきたい

のです。

 

実に残念な話ではありますが、

ここに、人(社会)との

関わり方についての盲点が

隠れており、よく陥りがち

な類のものでもあります。

 

とはいえ、上記の注意点を学べた

という点については、

貴重な学びを得られたこと に

他ならないのであるから、

すごくツイてるのだ。

 

ラッキーということになります!

 

えてして、一流の経営者は、 決断の

早さとそれをやり切るだけの

信念の強さを兼ね備えています。

 

あなたも、一流の経営者とは

言わないまでも、今回の学びから

しあわせなライフスタイル実現にも

つながることになるので、志を

高くもって、くまおうと一緒に

生きて行きましょう!

 

*コメントや意見などがあれば、

ご自由にして下さいませ。

 

 

スポンサーリンク




コメント