あなたは元気になりたいですか?そうであるなら、波動、エネルギーとうまく付き合おう!

くまおうのぶろぐ

 

あなたは、最近元気がなくてツライんだよねって思ったりはしていませんか?

 

 

スポンサーリンク



 

仲の良い友達に相談しても、およそ返ってくることばと言えば「元気出しなよ!」みたいな期待はずれなものではないですか?

 

元気を出そうと思ってもそうはいかないから困っているというのが本音だったりします、そうではないでしょうか?

 

そこで、まず元気とはどういうこと?次に、元気になるにはどうすればいいのかについて、さらには、軽く注意点の順番でお伝えをしていきます。

 

元気とはいったいどんなもの?

 

あなたは、元気と言えば、元気じゃないのって言葉遊びみたいな感じに思ったのではないでしょうか?

 

でもそれでは、元気というものが何であるのかについて何も語っていないのと同じだと気づいたのではないでしょうか?

 

なので、元気についてそれがどういうものなのかをお話していきます。

 

先に結論から入ります。

 

それは、あなたがエネルギーに満ちていて波動が高い状態にあることを意味します。

 

 

スポンサーリンク




 

 

エネルギーって何?っと疑問に思ったかもしれませんが、それはあなたを突き動かす元になるものです。

 

たとえば、あなたが大勢多数の前でスピーチをしたとします。

 

そこで、その大勢多数の方々から頷かれたり、真剣に聞いてもっらたり拍手をいただいたりとかそうしたリアクションをいただくとあなたはいいスピーチがしやすい状態になりますよね。

 

まるで、あなたがスピーチしやすいように後ろから背中を押されているかのように。

 

この具体例では、あなたは大勢多数の方々からエネルギーをもらう感じの話になっていますが。

 

このエネルギーがあなたの中に溜まっている状態こそが、元気であることになります。

つまり、元気とは、あなたが前向きに物事を考え、そして行動ができる状態にあることになります。

 

では、どうすれば元気になれるのかについて知りたいと思ったでしょう。

 

ここからは、それについて話を進めていきます。

 

元気になるにはどうすれば いいのか?

 

元気になるために、気合いだの根性だのとかは全く意味がないです。

 

その方法は2つあります。というより、2つのアプローチがあると言った方がいいかもしれません。

 

1つ目は、自分以外の人から

2つ目は、自分自身から

元気になる方法になります。

 

自分以外の人からの方法

 

実は先ほどヒントのお話をあなたにしています。

 

それはスピーチの具体例になります。

 

あなたが、あなた以外の人からエネルギーをもらう方法になります。

つまり、あなたが、あなたを応援したいと思われるような人物になるというものです。

 

これには、時間がかかります。

 

あなたを応援したいと思われるためには、あなたを信頼や信用をすることがその前提になっているからです。

 

なので、この方法は次の自分自身でエネルギーを生み出していくことをしながら、それと並行していただくことをオススメします。

 

 

スポンサーリンク




 

 

あなたが人から信頼や信用を得るための方法についてはあえてここではお話はしないです。

それは、あなたが一番よく分かっているからです。

 

それでは次に行きます。

 

自分自身からの方法

 

こちらの方がメインになります。

 

あなたは、自分で自分を元気づける方法になります。

 

あれっ、話の冒頭でそれが出来ないから困っているってお伝えをしたばかりですよねw

 

でも、それに近いイメージになります。

 

では、話していきます。

 

あなたは、元気がない時って塞ぎ込んではいませんか?

つまり、この塞ぎこんでいる状態を解消していくことこそが、元気になる鍵になります。

 

簡単な方法から順に沿っていきます。

 

まず、体を動かすことです。

 

この体を動かすとは、スポーツなどのように何も激しい運動をする必要はないです。

 

5分くらいウォーキングをするとか背筋を数分間伸ばすみたいな簡単なものでも構いません。

おそらく、これをするとあなたは少し気持ちが軽くなるでしょう。

 

この気持ちが軽くなることは、あなたのエネルギーが少し溜まっている、波動が高くなっていることになります。

 

話がそれたので元に戻していきます。

 

あなたは軽く運動をしたとします。

 

その次に、あなたが最近よかったこと嬉しかったり、楽しかったり、感動したりしたことを思い浮かべてみてください。

 

ただし、これはあなたが5分でもいいので、出来れば30分くらい瞑想をした後に、間を開けないタイミングでそれを思い浮かべてみて下さい。

 

これだけです。

 

補足で、あなたがする瞑想は、目をつぶって頭の中を真っ白にした状態をなるべく保って下さい。

 

そして、それでも頭の中に色々なことが思い浮かんだら、それはそれでいいのでそのまま気にしないで放置します。

 

あなたが、集中するのは耳に入ったりする音や、鼻から嗅ぐ匂いや肌で感じる感覚など五感に意識を向けて下さい、これはすごく重要なことになります!!

 

注意点

 

あなたは、こんな簡単な方法で意味があるの?って思ったかも知れません。

 

でも、効果はバツグンにあります。

 

ただ、地道な方法にはなるので短期間で一気に効果が出るものではないので、そこはご理解下さい。

 

お金や才能みたいなものは一切必要がないので、誰でも実践しやすいと思える方法ですので、あなたに紹介させていただきました。

 

ぜひ、これを実践していただきあなたが少しでも元気になっていただくことを願っています。

 

では、またおあいしましょう!

 

愛と知恵で溢れる

幸せの向こう側へ

 

くまおう


コメント